TOPICS

トピックス

SCROLL
  • TOP
  • TOPICS
  • オウンドメディア「WiFiピーマン」をリリースしました。
Nittai Company TOPICS

オウンドメディア「WiFiピーマン」をリリースしました。

WiFiPman

専門性・権威性・信頼性に加え、網羅性のある総合メディアである事。

弊社ニッチカンパニーでも主軸として扱っているポケットWiFiですが日々、新しいサービスや新しい事業者が増加している傾向にあります。

選択肢が多いと自分に合ったサービスを適切に選択出来ているかご不安になる方も少なくないと思います。
我々は通信事業者だからこそ、ご利用者様と事業者側の視点に立って「自分にピッタリ」から更に一歩踏み込んだご紹介の仕方が出来ると考えております。

その為には公開する記事に責任を持ち、E-A-Tの概念に重きを置いたメディア作りをしていきたいと考えております。

※E-A-Tとは、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)の3つの概念の略である。

 

ポケットWiFi選びの専門家との業務提携

通信事業者のオウンドメディアも昨今では珍しくありませんが、良質な記事を掲載するメディアもあれば
そうでないメディアも残念ながら少なくありません。
自社でメディアを運営するのは素晴らしい事ですが、作成から最終チェックまで自社で済ませてしまうと外部からの見解が得られないという致命的なデメリットがあります。
そこで今回、記事の監修からサイトの骨子制作まで関わっていただいたのが、モバイル回線選びの専門家として名高い
GreenEchoes Studio(グリーンエコーズスタジオ)代表の河村 亮介氏です。

これまで大小含め10.000以上の記事を見てきた運営者と、権威ある監修者がタッグを組みこれまでにない斬新で画期的なメディアを創設致しました。

河村氏とは回線比較メディアGreenWavesで弊社サービスクラウドWi-Fiをご紹介いただいたのを切っ掛けにアライアンスを結ばせていただきました。我々の目指す、お客様目線で且つ中立なメディア作りに賛同していただき、メディア創設に関して非常に多くのご意見をいただきました。

 

greenwaves

画像参照元:GreenWaves

海外渡航者に向けての発信

海外旅行へ行く際、検索や翻訳またはマップを用いての移動など
現代の渡航の際、インターネットは必要不可欠な存在と言えます。
従来は外国でWiFiを使用する際、国をまたぐ際は事前に事業者に申請が必要なのと、渡航先の国に対応した端末(SIMカード)を借りて、その国だけで使用するようになっていました(一部例外あり)。
そのため、複数の国に旅行や出張をする場合、WiFiルーターも複数必要になる場合がありました。
しかし弊社がご提供している「クラウドWi-Fi」は海外の渡航の際事前の申請の必要はなく世界135カ国でお使いいただけます。
更に通常の海外レンタルWiFiルーターだと、借りた日から返す日までの全日数分が請求対象となりますが「クラウドWi-Fi」は海外に行っている間も使わない日があれば、その日の分は請求されません。

コロナ過収束を見据え、海外からのお客様や逆に海外に行かれるお客様にとってサービス・料金・質と共に最適なサービスをご提供できるよう
メディアを通して分かりやすいご案内を継続していきたいと考えております。

■WiFiPman
https://www.wifi-tokyo-rentalshop.com/pman/